複合機とpcを接続するには?

コピー機13

複合機をプリンターとして使用する場合、pcと接続するのが最も手っ取り早い方法です。pc側で用意した資料をそのまま複合機にデータとして転送し、プリントアウトできるのです。

また、pcと複合機を接続する方法はいくつかあるので、周囲の環境なども見合わせながら適切な方法で接続しましょう。特別難しい手続きなどは必要ないので、ネット環境が揃っているオフィスなどでは簡単に接続可能です。

接続方法は主に3種類

ネット回線を通じて接続する場合、方法は2つあります。1つは有線にて接続する方法、もう1つは無線で接続する方法です。また、いずれも中継するルーターが必要になります。発売時期が新しい複合機にはどちらも対応しているタイプが多いので、わからない場合は簡単に取扱説明書をチェックして両方に対応しているか否かを確認してみましょう。

ネット回線を介さないで接続する方法は、USB経由によるものです。pcと複合機を直接USBケーブルで繋げるので、ある意味最もイメージしやすい接続方法ではないでしょうか。他にもパラレルケーブルと呼ばれる方法で接続する複合機もありますが、LANやUSBが普及している今あまり使用する機会はありません。

この中で最も新しい技術は無線LANなので、一部の複合機には有線LANポートはあるけど無線LANは使用できなかった、というパターンもあります。ちなみに、無線LANの場合はスマホからデータを転送し、プリントすることもできます。

スマホにデータを入れておけばノートパソコン以上にいつでもプリントできるようになるので、簡単な資料のプリントなら活用してみましょう。また、無線接続ならLANケーブルを台数ごとに用意する必要がないので、オフィスがスッキリするメリットもあります。

複合機で無線LANを使用する方法

複合機によって操作方法は異なりますが、大まかな流れに関しては同じです。前提としてオフィスに使用できるWi-Fiが用意されている必要があるので注意しましょう。まずは、取扱説明書に従って無線LANの選択画面を出します。

その後SSIDが求められるため入力し、暗号キーを入力すれば準備は完了です。このSSIDや暗号キーというのはルーターごとに設定されている値なので、オフィスのルーターを確認して記載されているパスワードを入力しましょう。

また、セキュリティとして用意されている暗号キーには2種類があり、WEPとWPA2でそれぞれ異なります。うまく暗号キーの入力が通らない時にはここを間違えていないかどうかをチェックしてみましょう。非常に便利な方法ですが、デメリットもあります。

特に通信速度は、有線接続やUSB接続と比較して劣ります。大量のデータをプリントする場合、他の接続方法を検討した方が良い場合もあるでしょう。また、パソコン操作に慣れない方にとって、上記の設定方法は少しややこしく思えるかもしれません。

Wi-Fiダイレクトを使用した接続

新しい複合機なら、Wi-Fiダイレクトと呼ばれる機能が搭載されている可能性があります。本来Wi-Fiを利用するにはルーターの存在が不可欠でしたが、このWi-Fiダイレクトはルーターを介さずWi-Fi規格対応済みの機器同士で接続できるのです。

ノートパソコンやスマホにはWi-Fi機能が標準で搭載されているので、Wi-Fiダイレクトを搭載している複合機を購入すれば自動的にいつでもスマホやpcと繋げられるようになります。ただし、デスクトップパソコンには標準装備だと有線接続にしか対応していない機種も多いので、会社のデスクトップパソコンを使用している方は要注意です。

デスクトップパソコンを無線で使用したい場合には、無線子機が別途必要になります。Wi-Fiダイレクトの細かい接続方法に関しては、実は従来のWi-Fi接続とあまり変わりません。ルーターの暗号キーを使わない代わりに複合機自体にSSIDと暗号キーが設定されているので、そちらをスマホやpc側で入力して使用します。

言ってしまえば、複合機とルーターをひとまとめにしたようなものなので、間に何かを挟まない分手間が省かれているのです。

有線LANで複合機とpcを繋げる

無線ではなく有線で繋げる場合、pcと複合機にそれぞれ同じルーターから出ているLANケーブルを接続します。

そのため、最低でも有線LANルーターとケーブルが台数分必要になるでしょう。接続環境が整ったら、複合機側でセッティングを済ませます。

複合機では設定画面で接続方法を選択できるので、そちらから有線接続を選択し設定を完了させましょう。有線接続を選ぶ利点は、LANケーブルで接続できるので対応距離が長い点が挙げられます。また、同じネットワークを利用しているユーザー同士で共有できるので、オフィスでの利用に向いています。

一方で、やはり配線の問題は無視できないでしょう。使用pcの数が数台程度なら問題ありませんが、これが10台20台と増えていくにつれ足の踏み場に困るようになるかもしれません。また、配線の問題上複合機を好きな場所に置けるとは限りません。

有線接続を考えるなら、始めに複合機をどこに設置するか考えてからにした方が無難でしょう。他にもスマホでの接続には当然対応していないので、一旦データをpcに送ってプリントする、という手間を挟む必要が出てきます。

汎用性が高い方法ではないことは把握しておきましょう。

関連記事:複合機のダウンタイムって何?賢く複合機を使用するコツとは

USBケーブルから接続する

コピー機21

最も手軽な方法が、USBケーブルから接続する方法です。

pcと複合機をケーブルで繋げば良いので非常にシンプルですし、強いていえば最初に複合機のソフトをインストールする必要があるくらいでしょう。

また、直接繋いでいるだけあって通信速度も高速です。一刻も早くプリントしてしまいたい場合に有効な方法なので、印刷スピードを重視している方にもおすすめです。USB延長ケーブルを購入すれば多少離れていても使用でき、利便性が高まります。

デメリットとしては、スマホと複合機の接続には使えません。また、有線接続のように他のpcと共有しながら使用することもできません。USBケーブルで接続しているpcのみプリントできるので、毎回接続しなければならないのは手間になります。

ノートパソコンのように持ち運びが簡単なpcならともかく、デスクトップパソコンは簡単には移動できませんし、USBケーブルを伸ばすか複合機の場所を制限せざるを得なくなります。仮にUSBケーブルを伸ばす場合、配線がごちゃごちゃしやすいという有線接続と同じようなデメリットを持つことになるので、メインで使っているパソコンには別の接続方法を設定した方が効率は良くなるでしょう。